脂肪燃焼に効果的なサプリ成分の中でカルニチンがおすすめ

サプリ画像

~ プロローグ ~

ひめ
カルニチンと~、オルニチンと~、コエンザイムをスムージーに混ぜて~。
ひめ、もう痩せすぎるかも~。モデルにスカウトされたら困る~。
たいぞう
ちょっ、ひめちゃん、そんなに一気にサプリメント飲んで大丈夫?
それってホントに効くのかい?
もりお
ムフ。たいぞう、たまにはいいこと言いまっする。
サプリメントの成分で期待できる効果はさまざまっする。ちゃんと考えて摂ることをオススメしまっする。

ダイエットはつまり脂肪燃焼することである

メタボ写真
女性おなか写真

体重を減らしたいのはもちろんですが、ポッコリお腹はやっぱりカッコ悪いですよね。

サイズアップしていくパンツ、ズレていくベルトの穴、ベルトの上に乗っかったぜい肉、「もしかして、おめでたですか?」・・・(T_T)

いろいろツラい現実と直面して涙が溢れてきますが、とにかく何とかせねば・・・。

早い話、あなただけでなく、みんな誰もがお腹の脂肪をなんとかしたいのですよ。

こんにちは、管理人のHAKASEです。

ダイエットはつまり脂肪を減らすこと、燃焼しないと始まりません。

今はやりの会員制ダイエットの教室にお世話になる前に誰もが通る道は、どこかで聞いてきた半信半疑の運動法とサプリメントです。

手っ取り早く「痩せるかも」と期待と希望を抱かせてくれるサプリメント成分にスポットを当てて考察してみましょう。

こんなにある!脂肪燃焼成分

指を指す女性

ダイエットに良いと言われている成分はたくさんありますが、一般的に認知度が高いのは下記あたりでしょうか。

カプサイシンなんか、もう名前からメラメラと脂肪が燃えそうな気がします!

  • Lーカルニチン
  • Lーオルニチン
  • αーリポ酸
  • カプサイシン
  • コエンザイムQ10
  • お酢(酢酸やアミノ酸)

とりあえず成分によって具体的にどういう効果が得られるのか知りたいと思いませんか?

実は「Lーカルニチン」は優れものだった!

バーベルを持つ女性

Lーカルニチンが最初に発見されたのは1905年で、肉エキスから分離されました。

その後の研究でLーカルニチンが脂肪酸の代謝に重要な働きを持つことや、肝臓での遊離脂肪酸の代謝にも必要であることが判明しています。

Lーカルニチンには2つの供給源があり、ヒトの体内での生合成と食事からの供給です。

にっくき脂肪は、本来ヒトの活動エネルギー源として重要な役割を果たしており、主として細胞内のミトコンドリア内で代謝されます。

しかし、脂肪の構成成分で脂肪のエネルギーの約90%を占める長鎖脂肪酸は、単独ではミトコンドリアに入ることができず、Lーカルニチンと結合して初めてミトコンドリアの膜を通過することが可能となり、それから代謝(脂肪燃焼)が始まります。

アスリートが肉を好む訳はそういうことだったのか!

そもそもカルニチンは体内においてはほとんどが筋肉細胞に存在しており、筋肉細胞内において脂肪酸をミトコンドリア内部に運搬する役割、つまりLーカルニチンは長鎖脂肪酸がミトコンドリア内に入り代謝(脂肪燃焼)するために必要不可欠のものだといえるでしょう。

体内では主に肝臓と腎臓で生合成されますが、Lーカルニチンの生合成にはいくつかの酵素が関与しており、酵素反応にはビタミンやミネラルが必要で、これらの栄養状況によりLーカルニチンの合成速度が左右されるといわれています。

カルニチングラフ

食事から供給されるルートでは、Lーカルニチンは主として食肉類から供給されており、100gあたりでは牛肉130mg前後、豚肉が70mg、鶏肉が30mg前後、なんと野菜類には10mgすら含まれていません。

ボディービルダーなどのアスリートが肉をよく摂取するのは、栄養学的に理にかなっているのが判って頂けたと思いますし、意外にも「肉食べてもいいんだね!」とうれしくなります。

日本でこのLーカルニチンの効果にいち早く着目し、成分として製品化したのはあの有名な伊藤ハムということですから、なんか納得できますね。

特に中年層が覚えていてほしいのは、体内のLーカルニチンは、加齢に伴う生合成能の低下および食事量の減少により、高齢になるほど筋肉中のLーカルニチン濃度が低下することがわかっており、積極的な摂取が必要です。

実はLーカルニチンって本来ヒトがエネルギーを得るための必要不可欠な脂肪燃焼成分なんですよ。

たいぞう
いやっほーい!
このたいぞうの食生活がまさに正解と言うわけですね?
ひめ
たいぞーはカルニチン摂っても痩せないっていう事実♡

脂肪燃焼に「Lーオルニチン」ってちょっと微妙だ

しじみ

オルニチンはアミノ酸の1種で、有害なアンモニアを尿素に変換する尿素回路を構成する物質の1つです。

汚いものを体外へ排出する働きにとって大変重要な役割を果たしているほか、オルニチンは筋肉量を増加させ、基礎代謝を高める働きがあることから、ダイエットに一役買う成分としてなじみがあります。

オルニチンを含む食品の代表選手は「シジミ」で、サプリメントとしては、ダイエットよりも、お酒を良く飲む人へ「肝機能の働きをサポート」し、「肝臓の解毒や代謝を助ける」成分として主に認知されています。

もしも、脂肪燃焼効果を一番に期待するなら、オルニチンでは物足りないでしょう。

脂肪燃焼効果において「αーリポ酸」の優先順位は低そうだ

運動する女性

α-リポ酸は私たちの体を構成している細胞の中のミトコンドリアに存在し、エネルギーを作ることを助ける補酵素(酵素の働きを助けるもの)として働いています。

つまり、体の中の糖や脂肪酸をエネルギーに変えるため、「運動時によい」、「ダイエットによい」、「糖尿病によい」などと言われていますが、α-リポ酸は医薬品としても利用されており、その適応は、激しい肉体疲労時に摂取するものとされています。

サプリメントや食品として流通しているα-リポ酸は品質や成分含量が製品ごとに異なっているため、医薬品と同等の効果が期待できるとは限りませんが、そもそも脂肪燃焼に特化した成分かと問われれば、「???」がつきそうです。

そもそも医薬品の適応は激しい肉体疲労時とされていますので、品質のしっかりしたサプリメントを利用すれば、運動後の疲労回復効果が期待でき、継続的な運動をサポートする効果があるかもしれませんが、脂肪燃焼に関しては、現時点では、根拠となるデータがないということです。

残念ながらα-リポ酸を摂取すれば、それだけで体重が減るということは現時点ではないと断定している報告が多い上、過剰な摂取による副作用(めまい、動悸、異常発汗など)の報告がいくつかあり、摂取には医学の専門的な知識を持った人やかかりつけのお医者さんからアドバイスをいただく方が良いでしょう。(成分を否定するわけではありません)

名前からすごそうな「カプサイシン!」

とうがらし

ダイエットをしたことのある人なら一度は聞いたことのあるカプサイシンは、否が応でもメラメラと脂肪が燃えそうなイメージ満々の期待させてくれる成分です。

農林水産省によると、「カプサイシンはカプサイシノイドと呼ばれる炭素、水素、酸素、窒素からなる天然の有機化合物の一つで、トウガラシなどに含まれる辛みをもたらす成分」と説明しています。

作用として感覚神経を介して胃酸の分泌が抑制されたり、動物試験では、少量のカプサイシンの摂取によって、胃粘膜を保護する作用が働いて胃潰瘍が発生しにくくなることなどが知られています。

また消化管から吸収され血中に入ると、感覚神経から中枢神経系を介して、副腎からのアドレナリン分泌を促進し、このアドレナリンが、脂肪代謝などエネルギー代謝を促進したり、発汗を促したりします。

つまりカプサイシンのダイエット効果はアドレナリン分泌の促進によるエネルギー代謝を助ける役割が期待されてます。

一方で国立健康・栄養研究所によれば、経口摂取によるカプサイシンの有効性に関して、「ヒトでの信頼できるデータは見当たらない」と報告があります。

また、ヒトがトウガラシやその加工品のカプサイシンを過剰に摂取することによる症状は、流涙症や鼻液漏、排尿障害、胃食道逆流症などがあることや、子どもや感受性の強い人では、粘膜炎症や吐き気、嘔吐、高血圧などの症状があることも報告されています。

カプサイシンそのものだけでは脂肪燃焼を誘発する効果はないものの、脂肪燃焼を促進する働きは認められているようです。

しっかり摂取量をコントロールすれば、脂肪燃焼を助ける成分としての有用性はあると考えてよいでしょう。

農林水産省 カプサイシンに関する詳細情報はこちら

主婦層に一大ブームを巻き起こした「コエンザイムQ10」って何者?

白衣の疑問

コエンザイムQ10は肉類や魚介類などの食品に含まれている脂溶性の物質で、ヒトの体内でも合成されています。

コエンザイムQ10はビタミンではありませんがビタミンのような働きをする「ビタミン様物質」として知られています。

コエンザイムQ10の体内における働きは、電子伝達系における補酵素 (コエンザイム) として体内のエネルギー単位であるATP (アデノシン三リン酸) の生成に関与することと、抗酸化物質としても注目されていることです。

また1966年よりヒトの心疾患に対する治療へと使用され、1973年に日本でうっ血性心不全治療の医療用医薬品として世界で初めて認可されています。

コエンザイムQ10を健康食品としては摂る場合、しっかりとしたものを選ぶ必要がありそうです。

サプリメントや健康食品に配合されているコエンザイムQ10は現時点ではテンサイやサトウキビを原料とし、酵母および微生物による発酵や化学合成により製造されているとのことです。

コエンザイムQ10は医薬品として用いられてきたことから、健康食品にも医薬品と同じような安全性 (有効性) が期待されている面がありますが、同じ成分を含んでいても、健康食品では、商品の品質や商品中の表示成分含量の真偽、摂取したときの体内吸収等の特性は、医薬品と同等ではないことが指摘されており、医薬品として利用されているということで健康食品(サプリメント)へも同等の効果を保証するものではありません。

コエンザイムQ10は一般的に副作用が出にくく、かなり安全性が高いと考えられていますが、日本では医薬品として使用する場合のコエンザイムQ10の上限量は1日に30mgである一方、食品として流通している海外メーカーコエンザイムQ10製品のその含有量はこの医薬品上限量を遙かに超えており、日本の健康食品でも医薬品として用いられる量を超えた製品が流通しはじめています。

日本では食品としては上限量の基準が定められていないそうです。

俗に謳われている肥満解消や美容に関する無作為化比較試験は見つからないとの報告もあり、「コエンザイムQ10」は脂肪燃焼としての効果はもう一歩のようですね。

いち早く医療分野で使用されてきたという実績や、成分の安全性や抗酸化作用としての働きのイメージが先行したことから一大ブームを巻き起こしましたが、脂肪燃焼としての効果には特化していないと判断できます。

一番身近な「お酢」ってダイエット効果もあるの?

黒酢壺
黒酢皿

お酢の主成分である酢酸には唾液や胃液の分泌を促進し、消化酵素の働きを活性化させる働きがあり、胃の働きが良くなるため、食欲増進として、また、防腐、殺菌効果(食中毒予防)があるとして古くから食事に上手に取り入れられてきました。

さらに、酢酸は体内に入るとクエン酸に変換され、疲労の原因となる乳酸を分解する働きがあることが知られている他、脂肪の燃焼を促すアミノ酸もバランス良く含まれており、内臓脂肪の減少を促進する作用や腸内の善玉菌を増やして働きを活性化させる作用もあるため、便秘にも効果が期待できます。

さらに注目すべき点は血糖値の急激な上昇も穏やかにしてくれるため、近年ではダイエットにも効果的として注目されていて、食後の血糖値の急上昇は大量のインスリン分泌を招き、体脂肪蓄積につながりますが、それを穏やかにするのです。

お酢の良い点は、調理用品や飲用商品としても手に入りやすく、ふだんから食事と一緒に取り入れやすい点です。

非常に幅広い効能を持ち、体脂肪蓄積を抑制する効果があるお酢は高価なサプリメントとしてではなく、普段の食事から取り入れた方がダイエットをサポートしてくれるでしょう。

そのまま飲んでも、調理に使用しても。

糖質制限ダイエットと空腹時の食事による血糖値上昇に注意!

2018.07.15

まとめ

まとめをする女性

健康食品分野において、憶測を含む様々な情報があふれていますが、ある程度信頼性の高い研究所や農林水産省などの記述から、「Lーカルニチン」は医学的にも役割や効能が判明しており、「脂肪燃焼」には必要不可欠な成分であることが判ります。

判ったのは「Lーカルニチン」こそ、脂肪を燃焼する効果において期待ができる!

つまり、脂肪燃焼を目的にサプリメントを取り入れるなら「Lーカルニチン」の配合がメインとなっていることは前提で、その次に「Lーカルニチン」の効果をサポートするビタミンやミネラルが添加されていること、さらに脂肪燃焼をサポートする役割として「カプサイシン」や「お酢の成分」が配合されているのもを選ぶことがダイエットを成功に導くことになるでしょう。

残念ながらサプリメントだけでは効果が得られない

もうひとつお伝えしておきますと、いくら脂肪燃焼に確実なサプリメントや成分でも、それだけでは脂肪は燃焼しないことです。

「Lーカルニチン」が機能するそもそもの前提として運動によって失われたエネルギーを脂肪を分解して体に必要なエネルギーに変えるというヒト本来が持っている生理現象であることです。

脂肪が燃焼するには今蓄えている、もしくは食事によって蓄えたエネルギー(カロリー)を消費しないことにはスタートしないのです。

体に十分なエネルギーが残っていれば脂肪はまったく消費されないという、当たり前と言えば当たり前の方程式なのです。

もしも、すでにウオーキングなど日ごろから運動をしてエネルギーを消費している環境にあれば、「Lーカルニチン」を摂ることで期待していた以上の脂肪燃焼効果が得られるはずです。

そんな人は「Lーカルニチン」を摂らないともったいないですよ!

ダイエットに有効な成分「L-カルニチン」

~ エピローグ ~

たいぞう
ほら!やっぱ、なんでもかんでも飲めばいいってもんじゃないじゃん。
ひめちゃん、やっちゃったね、しっしっし。
ひめ
たいぞうムカつく~。ひめ、はじめから知ってた。
これ、たいぞうのために買っておいただけ。明日までに代金ちょうだいね。
たいぞう
きみ、無茶苦茶だね。もりお君も何か言ってやってよ。
もりお
ムフ。二人ともとりあえずカプサイシン飲んでみまっする。きっと怒りもメラメラで痩せまっする。
たいぞう
き、きみもまぁまぁ無茶苦茶だね・・・。

\ お役に立てたらポチッとお願いします! /

にほんブログ村 ダイエットブログへ